ココマイスターのメンテナンス方法はどうしますか?

本皮製品を今まで使ったことがないので、

ココマイスターの長財布はどのようにメンテナンスすればよいのか、

分からない。

そんな方もいらっしゃるかもしれないですね。
02_2

本皮製品というのは、育てるという観点から、

エイジング、経年変化を楽しむという側面があります。

ですから、

キズにしろ、シミにしろ、

一つのエイジングなので、味わいと捉えると良いのではないでしょうか。

とは言え、メンテナンスが全くしないよりは、

メンテナンスしたほうが良いという方は、

防水スプレーを吹きかけておくと良いでしょう。

皮の中でも、

オイルを使っているマットーネなどは、

そもそもオイル漬けですから、防水スプレーも不要と思います。

ですが、やはり、ヌメ革なので、

シミになったりスルようです。
4501440103_2

シミがあってもいいじゃないかと、私個人的には思うのですが、

嫌な方は、防水スプレーでコーティングすると良いでしょう。

使う内に効果がなくなるので、

定期的に行う必要がありますよね。

でも、防水スプレーですらシミになる可能性があるので、

内側の目立たない箇所でパッチテストを行い、

大丈夫なのを確認してから、全体に使うようにすると良いでしょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターはプレゼント用にラッピングしてもらえますか?

ココマイスターをご自分で買う人は、

もちろん沢山いらっしゃいますが、

プレゼント用途も多いみたいです。

Gift_p
誕生日や、退職祝い、卒業祝い、入学、就職などなどです。

そんなプレゼントの時、ココマイスターはラッピングしてもらえるのでしょうか?

ココマイスター公式サイトを調べてみました。

赤いリボンのラッピングがあります。

もちろん、無料。

ココマイスター公式ページでの購入プロセス中に、

「お届け先に関する項目」があり、

「赤リボンラッピング0円」を選択することが可能となっています。

0円なので、

自分あての長財布も赤リボンラッピングすると、

自作自演ですが、気分が盛り上がるのではないでしょうか?(笑)

プレゼントは、

特に節目というわけでなくても、

長財布を購入することがあるようです。

07_2

例えば、奥さんが、旦那さんに。

旦那さんが、随分くたびれた財布を持っているので、

奥さんとしては、恥ずかしい。

言っても聞かないので、

プレゼントして使わせた、という感じになるでしょうか。

プレゼントといっても、色々なケースがありますよね。

いずれのケースも、

赤リボンラッピングを使うことで、

相手は喜んでくれるのではないでしょうか。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターのブライドルレザーとはどんなモノなのでしょうか?

ココマイスターのブライドルという皮の種類、

聞いたことありますでしょうか?

非常に特徴的な皮なんです。

06_2
写真で見ると分かるのですが、

革の表面に白い粉が付いてます。

白い粉というと、ヤバイみたいな印象ですが、

ロウなんです。

皮をロウに漬けて、強度を増している。

では、元々強度が弱いから、強くしているのかというと、そうではない。

ブライドルとは、馬具に使用されるという、

厚くて硬い皮なんです。

もともと丈夫なのに、ロウ漬けでさらに丈夫にしている。

一生モノになるに、ふさわしい長財布ですよね。

4501440203
この皮革の硬さ故に、扱いづらい。

職人さんが、カットや縫製の際、手間がかかり

結果、生産の時間がかかる。

なので、大量生産できないという希少なブライドルなんです。

これだけ硬い皮を馬具ではなく、

長財布という小さなもの仕上げるのは至難の業で、

30年以上の職人ワザがないと難しいのだとか。

そりゃ、売切れが続くわけですよね。

納得。。。

それでも、最初は硬いのですが、

使い込む内に徐々に柔軟さが出てきて、

しかもロウが落ちて、表面に光沢を帯びてくる。

上品な長財布になりますよ。さすがイギリス
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターの買い方はネット通販でしょうか?

ココマイスターを購入したいのだけど、

買い方はどのようにすればいいのか?

っと、迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ココマイスター長財布は、

卸販売をしていませんので、一般のデパートやお店には置いてありません。
4501440103

直営の店舗かまたは、

ココマイスター公式サイトでの通販となります。

 

ですから、

買い方としては、多くの方が通販をご利用になるのだろうと思います。

 

 実店舗が近くにある都市圏の方は、

店舗を実物を見つつ、購入できるので、うらやましいですね。

あるいは、

公式サイトで購入するにしても、

事前に、実店舗を全ての長財布を手の取って見ることができるのは、

安心材料の一つです。

とは言え、

多くの方が、公式サイトの写真のみで購入を決断しなければいけないので、

慎重になりますよね。

09_2
でも、ココマイスターの公式サイトは、

写真も色々な角度から掲載されていますし、

細かな説明もあり、

商品毎にお客様の口コミレビューも掲載されています。

ここまで細かく対応してくれていると、

写真だけとはいえ、購入しやすくなりますね。

ココマイスターの公式サイト、ご覧になりましたか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターに会員制度がありますでしょうか?

ココマイスターには、会員制度があります。

どのような制度なのでしょうか?

この会員制度は、

ココクラブという名称で、

購入前も、購入後も大事な役割があるんです。
03

というか、

会員になっていないと損するという制度です。

購入前を見てみましょう。

ココマイスターはご存じのように、

長財布がほぼ全て売り切れている状態です。

再販売の告知は、公式サイト上で行われますが、

わざわざ何度も公式サイトへアクセスするのは、面倒ですよね。

そこで、

ココマイクラブへ会員登録しておくと、

再販売の通知をメールで配信してくれるという、便利なサービスがあります。


次は、購入後です。

購入後の会員制度の主たる目的は、

返品と永年保証です。

02
返品はその名の通り、

長財布を返品したい時に、

会員登録してアレば、送料など無料になります。

会員登録していないと、自腹です。

そして、永年保証。

ココマイスターの長財布に不具合があった時

会員登録していれば、永年保証ですから、

職人さんが修理してくれます。

以上で、

ココクラブという会員制度に無料登録しておかないと、

損をしてしまうことの意味がご理解頂けたと思います。

公式サイトでのみ、無料登録可能です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターは高いのでしょうか?

ココマイスターの長財布をこれから購入したい。

公式サイト見ると20,000円~40,000円の価格帯なのは、確認した。

08

はて、

長財布でこの価格は、高いのでしょうか?

長財布というものが、いくらぐらいなのか検討がつかないかたは、

価格が適正なのか、不安になりますよね。

ココマイスターの長財布は、高いのでしょうか?

私の主観ですが、ズバリ言いますと、

ココマイスターは、品質の割に安いのではないかと思います。

よく比較される土屋鞄で、

マットーネ・オーバーザウォレットの同じ物を見ると、

2,000円ほど、ココマイスターが安いです。

05

もちろん、

皮革や縫製が全く同じという訳ではありませんが、

一つの比較対象ですよね。

また、GANZOにいたっては、

ココマイスターの方が、数万円安いという価格差になっています。

これも、物は同じではないので、

単純比較はできません。

しかし結論としては、

ココマイスターは、ヨーロッパの最高級皮革と、

日本の職人さんが手作りですし、

充分にお安い価格だと言えます。

また、

この価格で購入者が満足しているからこそ、

公式サイトを見ると、全て売り切れになっているのだと思います。

買いたくても買えない長財布

それが、ココマイスターです(^^)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターの店舗は在庫がありますでしょうか?

ココマイスターの長財布が欲しい!っと思い、

ココマイスターの公式サイトにアクセスすると、

なんと、全部売り切れで愕然とする。。。

09

こんな方は、多いと思います。

せっかく買う気で公式サイトアクセスしたのに、みたいな。

で、

公式サイト内を見て回ると、

直営店舗があることを知る。

公式サイトは在庫切れだけど、

直営店舗なら、在庫があるはず

っと、軽く期待しつつ電話をかけたことがある人も、

いらっしゃるでしょう。

私も、電話したことのある経験者の内の

一人です(笑)

Top_listbn01

電話口でお姉さんが、優しく教えてくれます。

在庫、ありません。。。(泣)

公式サイトが全て売り切れで、

直営店舗に在庫があるというのも、おかしな話なので、

当然といえば、当然、直営店も在庫なしで、売り切れ状態です。

では、どうすれば、ココマイスターの長財布を購入できるのか?

再販売の開始を待つしか無いですよね。

月に5~6回は再販売を行なっています。

その都度、再販される長財布の種類は違うのですが、

お気に入りを忍耐強く待つことにしましょう。

あ、

ココマイクラブに無料登録しておくと、

再販通知をメール配信してくれるので、便利ですよ。

ココマイクラブの無料登録は、

公式サイトでのみ受け付けているようです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスター財布で人気はどの種類でしょうか?

ココマイスターの長財布を購入しようと、

色々な種類を選んでいると、

どの種類が一番人気なのかな?

っと気になりますよね。

06

一応、人気はどれなのか、

知っておいた上で、自分好みを決定したい、っと。



満足度という意味での人気は、

好き嫌いによって、色々あるので分かりません。



でも、販売本数での人気という指標であれば、

ココマイスターが公開していますので、取り上げてみましょう。

1位、マットーネ・ラージウォレット

価格が一番手ごろで、定番のファスナー付きラウンド長財布です。

内側は、4つのカードポケットプラス、1つのポケット付き。

開口部が12cmと広いので、お金の出し入れが楽です。


2位、ブライドル・グランドウォレット

黒が一番人気で、スーツにピッタリの長財布。


ブライドルとは、馬具に使われる硬くて丈夫な皮を、

ロウ漬けにして、更に頑丈にしたもの。

07

ロウの白い粉が特徴です。

3位、マットーネ・オーバーザウォレット

この長財布の特徴は、

細い皮を編みこんであるというデザイン性です。


このデザインは、オーバーザウォレットのみで、

人気のため、秒速で売り切れます。

もちろん、今も継続して、売り切れ表示です。


ラウンド型のファスナー付きで、

内側は、8個もカードポケットがついています。

さらに、フリーポケットが2つ。

沢山収納できるのも、人気の秘密ですね。

在庫など詳細は、ココマイスター公式サイトを見ると良いでしょう。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ココマイスターとganzoの比較はどちらが良いですか?

長財布をこれから購入したい!

っと言う時に、よく比較されるのが、

ココマイスターとGANZO(ガンゾ)ですよね。

4501440452

迷った場合は、

どちらを購入するようにすれば良いのでしょうか?

そのカギとなるのは、デザインと価格です。

まず最初にデザインをみましょう。

ココマイスターは、30代~50代のビジネスシーンと、

大人のカジュアルをイメージして作られています。

そして、ヨーロッパの最高級皮革と日本の職人に丁寧さ、ですね。

このことから、

ビジネスユースでもマッチするように、

比較的保守的なデザインで、

いつでも、誰にでもマッチするように仕上がっています。

対してGANZOは、デザインが割りと垢抜けていて、

内側カードポケットのカットなども、ひと手間かけてあります。

01

この辺りは、好き嫌いなので、

どちらが良いとは、一概には言えないところですね。

次に、価格です。

ココマイスターは、20,000円~40,000円と、

非常に限られた狭い価格帯となっていてるのは、

ビジネスユースに的を絞っているからですね。

ヨーロッパ最高級皮革を使っていながら、

割りとお手頃な価格で、品質の割に安いと思います。

GANZOは、30,000円~140,000円の価格帯で、

広範囲になっていて、

しかも、ココマイスターと比較すると非常に高額です。


これだけ価格が違うと、

全く別モノなので、

単純には、比較出来ないですよね。

予算があれば、高いほうが良いでしょうし、

長財布にそんなに予算を当日必要がなく、ある程度高品質が欲しいのであれば、

ココマイスターでしょう。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココマイスターはメンズ長財布の人気ブランドでしょうか?

ココマイスターをご存知のかたは最近、多くなって来ました。

長財布の人気ブランドの事です。 4501440452 革製品の小物も全般に扱っているようですが、

圧倒的に、

ココマイスターは長財布の人気ブランド
だと言えるでしょう。

それは、

イタリアをはじめヨーロッパから最高級の皮を輸入しているとか、

日本の熟練革職人が生産しているとか、

良い点は色々とあるかと思います。

ココマイスターの長財布が人気なのは、

30代~50代という年齢層で、

とくにビジネスシーンを想定して作られているからだと、

思います。

▼公式サイトへGO!▼

ビジネスに使える長財布なので、そのデザインはシンプルで保守的。

どこでも、誰が持っても違和感のない、

スッキリとしたデザイン
だから、

人気なのでしょう。 また、品質の割に、

価格が安いということをあげても良いかも知れません。

約2万円~5万円という価格帯ですから、

高級品とはいっても、 そんなに高額というわけではありません。

やはり、

長財布の人気は価格帯にも関係ありますよね。

それにヨーロッパの大手ブランドに負けない質感も大事だと思います。

ココマイスターの公式サイトへ行くと、

常に売切れになっている
ということから、

その長財布の人気ぶりが分かりますよね(^^)  
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る